腰 痛

【こんなお悩みはありませんか?】

☑︎朝起きると腰が重い・痛い

☑︎腰が痛くて仕事や家事に集中できない、支障が出ている

☑︎病院でのリハビリ、接骨院、マッサージも行ったが治らない

☑︎ぎっくり腰を何度もしたことがある

☑︎咳やくしゃみをするのが怖い

☑︎病院では、「加齢だからしょうがない」と言われた

2631791_s.jpg
このようなお悩みもあきらめずに当院にご相談ください

日本には腰痛に悩んでいる方が約3000万人いると推計されていますが、ひと言で【腰痛】と言っても、症状を出している原因はさまざまです。その中でも原因のわかっている腰痛は全体の15%ほどで、あとの85%の方は原因が特定しづらいものになります。はっきりした原因が見当たらず、患者さんに病態を十分に説明できないものを整形外科領域では「腰痛症」と呼んでいます。

鍼灸の臨床では、数多くある適応疾患の中でも、とりわけ「腰痛」は、「肩こり」と並んで主要な疾患となっています。
人類が二足歩行を始めた時から始まったとさえ言われる「腰痛」。この腰痛にはどういったものがあり
腰痛の原因はどのようなものが考えられるのでしょうか。

腰痛の種類

1, 背骨やその周囲が関係して起こる痛み

人間の体は、ゆるやかなS字カーブを描いている背骨によって支えられています。このS字カーブが背骨にかかる負担を吸収し、筋肉・身体・最上部にある脳への衝撃を減少させています。しかし、私たちが活動しているときは背骨にかかる負担は、想像以上に大きなものです。各背骨をつなぐ椎間関節・関節靭帯・椎間板や脊柱起立筋などの筋・筋膜、脊髄から出る末梢神経など、それら組織の疲労や老化は日常生活の中での姿勢や動作によって腰痛を引き起こすといわれています。

腰痛を起こす代表的な疾患:ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎分離症、すべり症 、外傷による腰痛 ( 捻挫・打撲・骨折など)、骨粗鬆症などがあります。

 2, そのほかの原因が関係して起こる痛み (関連痛)

内科の病気が原因となって痛みを出している場合もあります。

消化器系   :胃・十二指腸潰瘍、胆石、胆嚢炎、膵臓炎など

泌尿器系疾患 :腎結石・尿管結石・腎盂腎炎など

婦人科系疾患 :子宮・卵巣の炎症や腫瘍

先天性股関節脱臼や股関節周囲の外傷、精神的な要因など、

 3, 骨盤より下の問題により腰周辺の痛み

足の疲れ、太ももの筋緊張などが強くなると骨盤を歪ませて腰周辺の痛みを引き起こすことがあります。

運動をよくする方、長時間の立ち仕事などで痛みを出している場合もあります。

腰痛に対する鍼灸治療

腰痛には主に、腰・背中・足やお腹にあるツボ(経穴)に施術していきます。その時の腰の状態で治療する場所が変わります。

腰が痛いのだから痛いところを治療すればよいのでは?と思われるかもしれませんが、痛みの出ているところと本当の原因のある場所は違うことが多いため、いわゆる「局所治療」という方法よりも、骨格・筋肉・血流を考慮した全体的な治療のほうが治るスピードがとても早く効率的です。

又、当院では治療の効果をより長持ちさせるため、腰痛の再発を予防するためにも、まず腰痛になった要因を把握してから、局所のみではなく全体的な施術を行うことで、より効果的な治療を行なっております。

​なぜ腰痛に鍼灸治療がいいのか?

多くの腰痛では、腰局所の血流量が不足していることが多くあります。

そこに鍼灸施術を行うことで、血流量の改善・促進されるので固まっていた筋肉、いわゆるコリに新鮮な血液が送られて、柔らかくなり、各組織に止まっている疲労物質やだるさ、しつこい痛み、活性酸素などを除去してくれます。

また、急激な痛みでは、ブラジキニンなどの発痛物質を流して、痛みを早く和らげることができます。

急性の痛み症状などが治ったら、適度な有酸素運動(ウォーキング、ランニング、水泳など)、食事(タンパク質、ミネラルが豊富な塩、ビタミンなどの栄養素)などを積極的に摂ると良いでしょう。